新書
新書

文春新書

新・百人一首近現代短歌ベスト100

岡井隆 馬場あき子 永田和宏 穂村弘選

  • 定価:本体880円+税
  • 発売日:2013年03月19日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

日本人は古代から歌を詠みつづけてきました。明治以降、猛烈な勢いで近代化が始まったにもかかわらず、その伝統は廃れるどころか、俳句や西洋詩の影響を受けて、表現の幅を大きく広げ、多くの偉大な歌人が生まれ、多くの愛唱される歌が詠まれてきました。
そこで「文藝春秋」では創刊90周年企画として、藤原定家が選んだ「小倉百人一首」の向こうを張って、近現代短歌の「新・百人一首」を編むことにしました。本書は読者からの好評を受けてのその新書化です。
選者になっていただいたのは、いずれも当代を代表する歌人である岡井隆氏、馬場あき子氏、永田和宏氏、穂村弘氏。選んでいただくだけでなく、それぞれの短歌に解説をつけていただき、また、女優の檀ふみさんも招いての座談会「短歌のある国の幸せ」にもご参加いただきました。
完成した「新・百人一首」には、明治天皇「あさみどり澄みわたりたる大空の広きをおのが心ともがな」から俵万智「『寒いね』と話しかければ『寒いね』と答える人のいるあたたかさ」まで、多彩な歌人の名歌が並びました。
他にも斎藤茂吉「ゆふされば大根の葉にふる時雨いたくさびしく降りにけるかも」、石川啄木「やはらかに柳あをめる北上の岸辺目に見ゆ泣けとごとくに」、塚本邦雄「日本脱出したし皇帝ペンギンも皇帝ペンギンの飼育係りも」といった歌が選ばれています。
百首にはこの150年の間、日本人が体験してきた喜怒哀楽、悲劇と喜劇、愛と死が短歌という結晶となって輝いています。大切な人への贈り物に、入学祝いに。一家に一冊備えたい「短歌のある国の幸せ」をかみしめる書物です。

担当編集者より
上野駅で「ふるさとの訛りなつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく」を思い出して、ないはずのふるさとに思いを馳せたり、水辺で「あるかなきみずをながるるうたかたのかげよりあわきわかきひのゆめ」が聞こえてきて、夢があったような気になったり、歌には心に灯をともす不思議な力があります。明治以降の近代化の時代を経ても、その力は減じるどころか、ますます豊かに広がった。この本を作りながら、そう確信しました。100首のなかに人生に寄り添ってくれる歌が必ずあるはずです。(BH)
商品情報
書名(カナ) シンヒャクニンイッシュ キンゲンダイタンカベストヒャク
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2013年03月20日
ISBN 978-4-16-660909-3
Cコード 0292

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く