文春新書

侮日論 「韓国人」はなぜ日本を憎むのか

呉 善花

  • 定価:本体750円+税
  • 発売日:2014年01月20日
  • ジャンル:政治・経済・ビジネス
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

国交正常化以来最悪の事態に立ち至っている日韓関係。朴槿恵大統領の暴走は止まりません。伝統と現代、政治と文化が複雑に絡み合ったかの国の徹底した「反日」は、日本では「日帝による植民地支配」が根本となっていると考えられていますが、著者の呉善花さんは、そうではないと言います。古く14世紀から、朝鮮半島では「日本人は侮辱に価する民族」と考えられてきたのです。その起源は中華帝国周辺の諸民族を、文明の遅れた野蛮で侵略的な夷族と蔑視する古代以来の中華主義にあります。朝鮮半島は長らく中華帝国の属国としてあり、最後の王朝である李氏朝鮮は、自らこそ中華主義を正しく継承する唯一の国であると誇ってきました。韓国の「侮日観」はこの李氏朝鮮時代500年の間に根付いたものなのです。
2013年七月、親族の結婚式に出席するためソウル・仁川空港に到着したものの入国を拒否された著者も、かつては反日少女でしたが、転じて日本に帰化しました。そうした自らの体験を踏まえた独自の視点で、政治、経済、歴史、文化等、多角的に「侮日」文化を掘り下げる本書は、著者による反日韓国論の「総集編」となりました。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
呉善花『侮日論~』
「日帝による植民地支配」が反日韓国の源ではないと著者は言います。朝鮮半島では古くから「日本人は侮辱するに価する人々」と考えているからだそうです。なぜ、そういう思想に至ったのでしょうか。
かつては、先頭にたって日本の悪口を言っていたという愛国少女時代を経て日本に帰化した著者自身の体験をもとに、政治、経済、歴史、文化等、多角的な視点から「侮日」思想を掘り下げていきます。(IS)
商品情報
書名(カナ) ブニチロン カンコクジンハナゼニホンヲニクムノカ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2014年01月20日
ISBN 978-4-16-660954-3
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く