作品紹介

日本近代の変化と歩みは、「学習院」という学校の変遷と密接に関わっている。
そもそも華族の学校として誕生した学習院だが、しだいに非華族の学生・生徒が増え、さらには軍人養成学校の色彩を帯びてくる。東條英機もその一人だ。
一方で、主立った皇族もここで学ぶが、皇太子時代の今上陛下が学習院を卒業していないのは、意外と知られていない。公務多忙のため単位不足だったからだが、卒業扱いにしようとする院内の風潮に真っ向から反対したのは、あの清水幾太郎だった。
吉田茂、三島由紀夫、近衛文麿、志賀直哉、朝吹登水子など、学習院に縁の深い、皇族・華族・軍人・文化人の逸話にも触れる歴史読物。

【目次】
はじめに 東條英機と学習院
第一章 華族の学校
第二章 特権と差別
第三章 華族女学校誕生と下田歌子
第四章 非華族たちの反発
第五章 院長としての乃木将軍
第六章 軍と学習院
第七章 激動期から敗戦へ
第八章 新時代へ

担当編集者より
近年、皇族の「学習院離れ」が目立ちます。秋篠宮家の眞子様、佳子様は大学からICUへ、悠仁様はお茶の水女子大附属小学校へ、それぞれ進まれました。いま皇族で学習院在学中なのは、愛子様お一人です。
そもそも学習院は「華族」の学校として設立され、明治・大正・昭和……近代化が進んだ日本と、その学舎の歩みは軌を一にしてきました。今の天皇陛下をはじめ、吉田茂、東條英機、三島由紀夫など、まさに現代史の主役が、ここで学んだのです。華族研究の第一人者による本書を、ぜひご堪能ください。
商品情報
書名(カナ) ガクシュウイン
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2015年02月20日
ISBN 978-4-16-661017-4
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く