作品紹介

ベストセラー『2020年マンション大崩壊』の筆者の第2作! 前回は個人の住宅問題に切り込んだが、今回はビジネスモデルが対象。

日本の高度成長時代、「量的充足」を目指したマクドナルドのビジネスモデルは、外食産業のみならず、日本のすべてのビジネスモデルを牽引するものだった。とくに、不動産では、企業は、都心から郊外へ、いかに安く大量にオフィスビルや住宅を供給するかに鎬を削った。同じサービスが「どこにいても手に入る]ことが重要だった。
そのいっぽうで、ディズニーランドは浦安・舞浜のシンデレラ城にこもったきり、外には決して出てこなかった。不況下でも値上げを続け、「ここにこなければ手に入れることが出来ない」価値を生み出し続けることに集中した。「質的充足」を目指したビジネスモデルの先駆者となったのである。

そして1996年以降、日本の生産人口が下り坂になると、マクドナルド型ビジネスモデルは、急速にどこにでもある陳腐なもの、すなわち「コモディティ化」し、その価値は崩壊していく。対するディズニーランド型のビジネスモデルは、他では手に入らない、特別なサービスを提供することで、現在のビジネスシーンを牽引している。

しかし、今、絶頂にあるディズニー型ビジネスモデルにも、やがて限界が来るだろう。それは、1%の超富裕層と99%の貧困層といわれる、超格差社会の到来が、「特別」をウリにしたディズニーランド型のビジネスモデルすら存続不可能にするからである。

2040年を予想したさまざまな指標は、これまでのビジネスモデルがすべて通用しない、世界が来ることを示唆している。そのとき、あなたはどうする……

担当編集者より
1971年にマクドナルド第一号店が銀座に出店したとき、テレビで連日大騒ぎしていたのを子どもながらはっきりと覚えています。1983年に東京ディズニーランドがオープンしたときは、自分が大騒ぎしていました。そんな、エポックメイキングな出来事の裏に、ビジネスモデルの変遷を読み解いた本書は、50代~60代の読者にとって、自分の人生と重ねて読める“物語”でもあります。しかし、今、絶頂期を迎えているディズニーランドの魔法がとけた後は……これは“本当は怖い物語”でもあるのです。
目次
はじめに 昭和日本の明るい絵図――ディズニーとマクドナルド

第1章
マクドナルドが目指した「量的充足」社会の実現――一九七一年からの四半世紀を展望

第2章
ディズニーランドがこだわる「質的充足」ビジネスの展開――日本の絶頂期八〇年代にやってきたディズニーランド

第3章
マクドナルドはなぜ行き詰ったのか――九六年以降の日本社会の変質

第4章
ディズニーランドはなぜ三年連続で値上げできるのか――社会の変質の先にあったディズニーランド型価値観の創出

第5章
マクドナルド型不動産に見る今後の価値下落――二〇二一年以降の社会の展望

第6章
ディズニー型不動産による価値創造――二〇二一年以降の不動産価値

第7章
ディズニーの夢から醒めたとき――二〇四六年に向けてのクライシス

おわりに ディズニーランドが怖いわけ
商品情報
書名(カナ) ニセンヨンジュウネンゼンビジネスモデルショウメツ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2016年12月20日
ISBN 978-4-16-661108-9
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く