作品紹介

「我々はすぐに弱気になるのと同様にすぐに調子に乗ってしまう」(ビスマルク)

21世紀の現在、ドイツは産業、政治・外交、経済、サッカーと多方面で大きな存在感を示している。その強さの源泉は「ドイツ的システム」にある。そして、このシステムにはむ弱さが潜んでいる。

第一次世界大戦におけるドイツ軍を通して問う、ドイツとは何か。

1918年、世界最強と目されていたドイツ軍は大攻勢をしかけて敵の塹壕線を突破、大成功を収める。しかし半年後には敵に休戦を乞わざるを得ない状況に陥っていた。
ドイツ指導者層、ドイツ軍の内部で、いったい何が起こっていたのか。

◆目次◆

◎まえがき◎
容赦のないドイツ/新たな静かなドイツ脅威論/第一次世界大戦との類似 など
◎序章 十九世紀ドイツ統一に見る指導者のトライアングル◎
リーダーシップによるトライアングル/ヴィルヘルム二世時代の到来 など
◎第一章 一九一四年から一九一六年夏まで――戦況とドイツの戦略◎
開戦後の参謀総長と最高司令部/モルトケの失敗/リーダーシップの危機 など
◎第二章 一九一六年夏から――ルーデンドルフ時代の始まり◎
カイザーとルーデンドルフ/西部戦線の再構築/ジークフリート線とニヴェル攻勢 など
◎第三章 ドイツ軍「春季大攻勢」の準備◎
崩れ去った伝統的な指導者トライアングル/Uボート戦の失敗とアメリカ軍/成功の三条件と訓練 など
◎第四章 一九一八年春季大攻勢――「大成功」が準備した敗北◎
カイザー側近の追い落とし/失敗の原因――指揮の統一性の欠如/悪化する兵士のムード など
◎第五章 限界に達していたドイツ軍――夏の連合国の攻勢から休戦まで◎
ドイツ軍の変質/兵士の燃え尽きとシャーキング など
◎終章 ドイツの敗因◎
敵を増やす愚策/「成功」が生んだ内部崩壊 など

担当編集者より
2014年、サッカーW杯ブラジル大会準決勝。ドイツは、自国での優勝を目指すブラジルを7対1で粉砕します。

著者は、この試合にドイツ・システムの特徴が出ていると分析しています。
前半すでに5対0と圧倒しているのに、後半も手を抜かず、堅実に決め事を守り、規律を守って攻撃を繰り返すドイツ。

以前であれば「ゲルマン魂」「優秀なドイツ民族」と民族性に結びつけられたものですが、いまのチームは単一民族ではありません。
つまりドイツチームの強さは、ドイツというシステムの強さであり、この容赦のなさは、システムがそうさせている、というのです。

しかし、このシステムは内部に問題を抱えているとも、著者は指摘します。
それは何か。そして、いま繁栄を謳歌しているドイツが、100年前の「降伏」を繰り返す可能性はないのか。

戦争の分析を通じて、システムとしてのドイツを論じます。
商品情報
書名(カナ) センキュウヒャクジュウハチネンサイキョウドイツグンハナゼヤブレタノカ ドイツシステムノツヨサトモロサ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2017年12月20日
ISBN 978-4-16-661149-2
Cコード 0295

著者

飯倉 章

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く