文春新書

続・僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう

池田理代子 平田オリザ 彬子女王 大隅良典 永田和宏

  • 定価:本体730円+税
  • 発売日:2018年02月20日
  • ジャンル:ノンフィクション

作品紹介

2017年2月刊行『僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう』の第2弾。
偉大な構成を残し、今なお挑戦し続ける各界の著名人たちの生きざまを、細胞学者にして歌人の永田和宏氏が、「天才の原点」を引き出す。

若き日の大きな決断の時、思い切って一歩を踏み出した瞬間、など生きていく上で道しるべとなる珠玉の言葉があふれた一冊。

第1章 池田理代子(劇画家・声楽家)
自分が今ここにある意味を見つけよう
「人間の一生のうち、自分がやりたいことにチャレンジできるチャン
スというのは、一回か二回巡ってくるかこないかだと思います」

第2章 平田オリザ(劇作家・演出家・青年団主宰)
わかりあえないことから
「コミュニケーション能力なんていうものは大したことはない。恐れ
ることはないんです」

第3章 彬子女王殿下(京都産業大学日本文化研究所専任研究員)
石橋を適当にたたいて渡る
「自分に対して嘘をつかない正直な生き方をすることを、留学を通し
て学んだ気がしております」

第4章 大隅良典(東京工業大学栄誉教授・2016年ノーベル生理学・医学賞受賞)
知りたいという欲求
「信頼する人が面白いと言ってくれることだけで、相当な苦労もしの
げるようになります」

担当編集者より
どんなに成功した人も初めから何もかもできたわけではない、ということをこの本の著者たちは教えてくれます。たくさん悩み苦しみ、自分を見つめ直し、新たな一歩を踏み出したからこそ今があるのです。人生に悩んだとき、岐路に立った時、彼らの言葉が勇気を与えてくれます。
目次
第1章 池田理代子(劇画家・声楽家)
自分が今ここにある意味を見つけよう

第2章 平田オリザ(劇作家・演出家・青年団主宰)
わかりあえないことから

第3章 彬子女王殿下(京都産業大学日本文化研究所専任研究員)
石橋を適当にたたいて渡る

第4章 大隅良典(東京工業大学栄誉教授・2016年ノーベル生理学・医学賞受賞)
知りたいという欲求
商品情報
書名(カナ) ゾク ボクタチガナニモノデモナカッタコロノハナシヲシヨウ ニ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2018年02月20日
ISBN 978-4-16-661158-4
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る