作品紹介

2019年5月1日、日本の歴史が変わります。
「高齢譲位」(政府は「生前退位」と称しますが、内容は「高齢」を理由とした「譲位」にほかなりません)によって、皇位継承が行われた先例はありません。
2月末に、退位と即位に伴う儀式の概要が発表されましたが、それは正統的なものになっているのでしょうか?
さらに、今上陛下のご譲位によって、いよいよ皇位継承者は皇太子殿下、秋篠宮殿下(皇太子殿下の即位後は「皇嗣」殿下となられる)、そして悠仁親王殿下のお三方になってしまわれます。皇位継承権利のある成年皇族しか参列できないとされてきた即位の礼は、まことにさびしいことになってしまうのではないでしょうか?
皇位継承の歴史と未来、そして、今直面する危機についての決定版が本書です。
本書は1998年、文春新書創刊の第一号として世に出たものです。以来、ベストセラーとして版を重ねてきました。
そこに、最新の情勢を踏まえて大幅に加筆。増補改訂版として生まれ変わりました。
代替わりのすべてが、本書でわかります。

担当編集者より
記念すべき文春新書の第一号が蘇りました。あらためて読み直してみると、20年前に、高橋紘、所功の両氏が指摘した皇位継承の危機は、より深まっているといわざるをえないことに暗然としました。この「生前退位」によって、皇室典範改正問題は、いよいよ待ったなしのところに来たのだと、認識を新たにしました。国民的な議論の一助になればと思っています。
目次
序 章 皇位継承の危機
第一章 「万世一系」はいかに保たれたか
第二章 「女帝」出現の意味
第三章 『皇室典範』の成り立ち
第四章 御側女官の役割
第五章 昭和天皇の苦悩
第六章 新『皇室典範のディレンマ』
第七章 「皇室の危機」克服の試み
第八章 「高齢譲位」に伴う儀式
商品情報
書名(カナ) コウイケイショウ ゾウホカイテイバン
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2018年03月20日
ISBN 978-4-16-661163-8
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る