作品紹介

最後の文豪が生み出した、史上最強の大怪盗

全世界を股にかけ神出鬼没、これまで一国の予算を超える盗みを働いた大快盗・ジバコが縦横無尽に活躍! ユーモア溢れる連作8篇

担当編集者より
一国の国家予算を超える盗みを働き、地球上に足跡の及ばざるところは皆無。明智小五郎やジェームズ・ボンドさえも翻弄する正体不明の大怪盗、ジバコ。彼の超人的かつ「1万ドルを盗むのに10万ドルをかける」少々フシギな活躍を描いた、北杜夫のユーモア小説における代表作。世界よ、ジバコに瞠目せよ! 解説・遠藤周作
商品情報
書名(カナ) カイトウジバコ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年04月10日
ISBN 978-4-16-710108-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く