作品紹介

新生日本の激動期を描く全十巻、文字を拡大した新装版!

征韓論を巡って大久保に敗れ、薩摩へさる西郷。叛旗を翻し、独立国の様相を呈し始めた薩摩に、政府は厳しく決着をつけようとする

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
西郷と大久保の議論は、感情に馳(は)せてややもすれば道理の外に出(い)で、一座、呆然として喙(くちばし)を容(い)るるに由なき光景であった。明治六年十月の廟議は、征韓論をめぐって激しく火花を散らした。そして……西郷は敗れた。故国へ帰る彼を慕い、薩摩系の士官達は陸続として東京を去ってゆく内戦への不安は、現実となった。
商品情報
書名(カナ) トブガゴトク
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2002年03月10日
ISBN 978-4-16-710596-9
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く