作品紹介

昭和七年秋の大森銀行強盗事件は、警視庁を震撼させた。次いで熱海会議の共産党幹部一斉検挙。この二つを演出した“M”の正体を追う「スパイ“M”の謀略」と「小林多喜二の死」。

商品情報
書名(カナ) ショウワシハックツ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 1978年09月25日
ISBN 978-4-16-710635-5
Cコード C0121

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く