作品紹介

少年時代の思いが濃くにじむ、自伝的小説

幼時に父と死別、一家離散して仙台のカトリック系養護施設で過ごす少年の切実な哀しみと希望。演劇・文学界の巨人、感動の原点

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
児童養護施設に入所した中学生の利雄を待っていたのは、同部屋の昌吉の鋭い目だった——辛い境遇から這い上がろうと焦る昌吉が恐ろしい事件を招く表題作ほか、養護施設で暮らす少年の切ない夢と残酷な現実が胸に迫る珠玉の3編。著者の実体験に材をとった、名作の凄みを湛える自伝的小説。解説・百目鬼恭三郎、長部日出雄
商品情報
書名(カナ) ヨンジュウイチバンノショウネン
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年12月10日
ISBN 978-4-16-711129-8
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く