作品紹介

日本を捨ててよかった! ロンドンでの快適年金暮らしをレポート

英国政府から年金をもらい、贅沢は出来ないが、普通の生活をする著者。郊外の新築の家賃も8割補助、医療費も交通費も無料だし…

担当編集者より
『イギリス人はおかしい』シリーズ最新作。今回は、イギリスの社会福祉の実情をレポート。高尾さんは国籍は日本のままだが、イギリスで働いた実績で、英国政府から年金を毎週○×ポンド貰えるようになった。贅沢は出来ないが人間の尊厳を保つには十分だという。その他、郊外の新築の借家の家賃も8割補助され、医療費も交通費も無料……。「日本を捨ててよかった!」とすら言う著者の、ロンドンでの快適年金暮らしを中心にしたエッセイ集。(OS)
商品情報
書名(カナ) イギリスウフフノネンキンセイカツ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2007年01月10日
ISBN 978-4-16-712315-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く