作品紹介

時に凄惨な犯罪に至るストーキング、その精神の病理とは?

現代社会の象徴的病理・ストーカー。その心の闇を最前線に立つ精神科医が余すところなく分析する。現代人の愛は一体どこへ向かうのか

担当編集者より
底なしの執拗さでまとわりつき、被害者の生活を破壊するストーカー。「古典的ストーカーと現代的ストーカーの相違点」「ボーダーライン人格障害とストーカーの関係」「幼少期のトラウマがストーカーを生むのか」など、現役の精神科医がその病理を余すところなく分析する。現代社会論としても秀逸な一冊。解説・岩井志麻子
商品情報
書名(カナ) クッセツアイ アナタノトナリノストーカー
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2001年12月10日
ISBN 978-4-16-712902-6
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く