作品紹介

美貌、権力、愛欲、孤独

ルクレチア・ボルジアからマグダ・ゲッベルスまで史上名高い十三人の″悪女″の、すさまじくも劇的な生涯を描いた人物エッセイ集

担当編集者より
ルクレチア・ボルジアからマグダ・ゲッベルスまで、絢爛豪華な宮廷や生臭い権力の場を舞台にした十二人の悪女たちのすさまじくも劇的な生涯。あの澁澤龍彦が六〇年代に記した人物エッセイ集が文春文庫に登場します。多くの作品中もっとも版を重ねている一冊。後の悪女モノのハシリとも言えます。並外れた虚栄心、狂気の如き愛欲、戦慄すべき美への執着、妖しく頽廃的な美へと誘う澁澤龍彦の世界を堪能して下さい。解説は美輪明宏さんです。(YY)
商品情報
書名(カナ) セカイアクジョモノガタリ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年11月10日
ISBN 978-4-16-714005-2
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く