作品紹介

歴史という闇に美しく咲いた男と女

計らずも友の仇討ちを果たした侍の胸中を描く「花映る」ほか、苛烈な運命にも屈しない人々の高潔な魂を鮮やかに描く6つの物語

担当編集者より
巻き込まれるようにして友人の仇討ちをとげる侍の感情の揺れを描いた「花映る」、客と女中として茶屋で再会した幼馴染ふたりの人生が交差する「悪名」、桜田門外の変を佐倉藩の隠密が回顧する「面影」など、珠玉の短篇6篇を収録。武家社会を生きる男女の人生を、磨きぬかれた格調高い筆であざやかに活写する。解説・関川夏央
商品情報
書名(カナ) ヤミノハナタチ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2011年12月10日
ISBN 978-4-16-714166-0
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く