作品紹介

平内がふわりと動くと、敵ははね飛ばされていた

師亡き後の弟子たちを描く「秘伝」、女武芸者の婿取り「妙音記」、敵討ちの助っ人「かわうそ平内」など、ユーモラスな8つの短篇

担当編集者より
師匠の遺した剣の秘伝書を、3人の弟子が追う「秘伝」。自分より強い男の妻になりたいと望む女武芸者のもだえが切ない「妙音記」。清廉潔白で慎み深いあまり、変わり者と呼ばれる「弓の源八」。武芸にかけては神技の持ち主でありながら、世に出ることなく生涯を送った武芸者8人の姿をユーモラスに描く円熟の短篇集。解説・小島香
商品情報
書名(カナ) ケンカクグンゾウ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年03月10日
ISBN 978-4-16-714288-9
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く