作品紹介

少々耳の痛いことも言ひますが——

昭和の名宰相論、日の丸の話、乃木大将と名誉、土下座考などなど。時に厳しく時にホロリと、ユーモアも忘れずに、今の日本に物申す

担当編集者より
「少々耳の痛いことも言ひますが——」。昭和の名宰相論、乃木大将と名誉、近ごろの日本語論から香港返還と中華料理の味の話まで。時に歯に衣きせず、時にホロリと、そして常にユーモアを傍らに、今の日本に物申す。月刊「文藝春秋」の巻頭に連載され、深い見識と類まれな名文で愛読され続ける阿川さんの名エッセイ集。
商品情報
書名(カナ) ヨシノズイカラ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年11月10日
ISBN 978-4-16-714607-8
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く