文庫
文庫

源氏・拾花春秋源氏物語をいける

田辺聖子 桑原仙溪

  • 定価:本体714円+税
  • 発売日:2002年07月

作品紹介

源氏物語の世界をめぐる花と女性たち

秘帖「拾花春秋 源氏五拾四帖」を元に桑原仙溪が花を生け、田辺聖子が物語る。「人をたて糸に、花をよこ糸に」新たに花開く源氏物語

担当編集者より
京都の花道家元・桑原仙慶流に伝わる「拾花春秋源氏物語五拾四帖」は江戸時代中期に作られ、源氏物語を生花で表現しようと試みた秘帖。本書は、これをもとに当世家元が花を生け、描き、田辺聖子さんが五十四帖の物語を展開します。繊細で流麗、また思いがけない大胆な色彩の生花画とともに繰り広げられる田辺源氏の華麗な世界はまさに“花の王朝絵巻”。文庫版のキュートで美しい体裁も、源氏物語のファンはもちろん、生花を愛でる多くの読者の圧倒的支持を得ること、請け合いです。(UM)
商品情報
書名(カナ) ゲンジジッカシュンジュウ ゲンジモノガタリヲイケル
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2002年07月10日
ISBN 978-4-16-715340-3
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く