作品紹介

家康の甥にして名門・後北条家を継いだ保科久太郎の生涯の秘密とは? 表題作ほか信長・秀吉・家康を魅了した三人の男女の物語

担当編集者より
家康の甥・保科久太郎は、幼少より奔放不羈の性格。長じて後北条家を継ぎ、良き家来にも恵まれたが、その陰には本人も知らぬ出生の秘密が……。表題作ほか、いいなずけを殺された若き女剣士の仇討行「白日の鹿」と、秀吉の大軍に一矢報いた忍城の姫君を描く「紅蓮の狼」を収録した、出色の中編時代小説集。解説・北上次郎
商品情報
書名(カナ) セイランノウマ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2001年05月10日
ISBN 978-4-16-716502-4
Cコード C0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く