作品紹介

歴史小説、戦史の傑作を生んだ綿密な取材のすべて

「桜田門外の変の日、雪はいつ止んだか?」「ニコライ皇太子が長崎でお忍びで訪れた先は?」吉村さんの徹底した取材の手法を明かす

担当編集者より
「戦艦武蔵」「深海の使者」などの戦史小説、「長英逃亡」「生麦事件」などの歴史小説を精力的に発表してきた著者は、その綿密な取材と細部へのこだわりでも知られた。作家はどこで素材と出会い、どのようにして調査を進め、歴史の“真実”に肉薄するのか。作家の史実への姿勢を、失敗も含めて率直に綴った、とっておきの「取材ノート」。
商品情報
書名(カナ) シジツヲアルク
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年07月10日
ISBN 978-4-16-716946-6
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く