文庫
文庫

文春文庫

流行心中

森村誠一

  • 定価:本体619円+税
  • 発売日:2003年01月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

心中事件の裏に隠されたおぞましい事実

木枯らしの季節、江戸の町に相次いで心中事件が発生した。心中を装った殺しではないかと勘ぐった弦一郎は、独断で捜査を進める

担当編集者より
江戸は木枯らしの季節。夷講(えびすこう)帰りの酔客の目は中空の物影に奪われた。稲荷の境内の松にぶらさがっているのは……。流行りのように相次いでおこる心中事件に南町奉行所のはみだし同心・弦一郎は首をひねった。不義密通はご法度の世の中、死んだ男女にはどのようなわけがあったのか。得意の聞きこみで事件の意外な真相を知る。
商品情報
書名(カナ) ハヤリシンジュウ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年01月10日
ISBN 978-4-16-719117-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く