作品紹介

一匹狼が悪の温床江戸を往く。シリーズ最終巻

身内から疎まれ、孤児の少女の絵を描くことで生きる力を取り戻した孤独な老武士。しかし少女は若者の集団に弄ばれ殺されてしまう

担当編集者より
孤独な日々を送る老武士はふとした縁で知り合った孤児の美少女の絵を描くことに生きる縁(よすが)を得る。絵は江戸で評判となるが、ある晩、少女は無惨な屍体となって見つかった。市中を荒しまわる若者集団、辻小僧に輪姦されたのだ。薄幸な娘の敵をとるため、余生をかけて老骨の武士は立ち上がる(敗者の武士道)。他八篇収録の完結篇。
商品情報
書名(カナ) ハイシャノブシドウ
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2004年02月10日
ISBN 978-4-16-719119-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く