文庫
文庫

文春文庫

海の斜光

森村誠一

  • 定価:本体571円+税
  • 発売日:2005年07月08日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

佐賀、唐津、熱海を舞台に、傑作ミステリー3篇

ベストセラー作家・成田の周りで事件が続発する。息子の事故死、妻の自殺、ファンの水死。「死の連鎖」の奥に何が隠されているのか?

担当編集者より
ベストセラー作家・成田正隆の周辺で事件が続発する。息子がひき逃げ事故で死に、その葬儀の後、妻が自殺する。さらに旅先で出会ったファンの女性が水死体で見つかった——。「死の連鎖」の奥に隠されたものはいったい何なのか?森村さんが唐津、佐賀、熱海を舞台に描く傑作ミステリー3作を収録する中編集です。家族であっても、それぞれが抱える情念はわからない。隣人でありながら、心情は計り知れない。そんなことから思いもかけない事件が生じるのです。(KM)
商品情報
書名(カナ) ウミノシャコウ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年07月10日
ISBN 978-4-16-719120-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く