作品紹介

スピード感あふれる戦慄のサスペンス

深夜に乗せた女の客が車内で死亡。タクシードライバーの蛭間は遺族の懇願で東京から佐賀へ車を走らせる。死者を客として——

担当編集者より
タクシードライバーの蛭間正は深夜、新宿で若い女を乗せた。だが、何者かに胸を刺されていた彼女は「佐賀へ連れて行って」と言い遺し、車内で絶命する。遺族の懇願もあり、いつしか蛭間は死者を乗せて佐賀までの1200kmを疾走することに――。正体不明の追跡者が現れるなか、蛭間は困難をくぐり抜けられるのか。解説・大野由美子
商品情報
書名(カナ) タクシー
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2011年11月10日
ISBN 978-4-16-719124-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く