作品紹介

吉川英治文学賞を受賞した著者渾身の伝記

旅と歌作に壊れやすい身体を捧げた稀有の歌人・長塚節の生涯を清冽な文章で辿る、会心の鎮魂賦。歌人・清水房雄氏との往復書簡収録

担当編集者より
37年の短い生涯を旅と作歌に捧げ、妻子をもつことなく逝った長塚節(たかし)。清潔な風貌とこわれやすい身体をもつ彼は、みずから好んでうたった白埴(しろはに)の瓶(かめ)に似ていたかもしれない。この歌人の生の輝きを、清冽な文章で辿った会心の鎮魂賦。新装版刊行にあたり、作品の細部をめぐって著者が清水房雄氏と交わした書簡の一部を掲載した。
商品情報
書名(カナ) ショウセツナガツカタカシ シロキカメ
ページ数 624ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年05月10日
ISBN 978-4-16-719246-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く