作品紹介

処刑、十二名。近代日本の暗部に迫る

天皇暗殺を企てたとして幸徳秋水を含む十二名が処刑された「大逆事件」。近代日本を震撼させた事件の全貌に新資料を駆使して迫る

担当編集者より
明治43年、政府は明治天皇の暗殺を企てたとして大量の社会主義者を検挙、翌年1月には幸徳秋水を含む12名の処刑を断行した。反政府活動とそれに対する国家の徹底した弾圧という、近代日本の暗部を象徴した「大逆事件」。新資料を駆使し小説の形式で事件の全貌と関わった人間たちの真の姿に肉薄しようとした労作。解説・朝倉喬司
商品情報
書名(カナ) ショウセツ タイギャクジケン
ページ数 496ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2004年02月10日
ISBN 978-4-16-721515-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く