文庫
文庫

鶴屋南北の死

杉本苑子

  • 定価:本体447円+税
  • 発売日:1990年11月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

魔性の鰻に祟られた狂言作者の恐怖を描く表題作他江戸期に材をとった時代小説集。「娘ふたり」「残り香」「河内山宗春という男」「あべこべ物語」「鶴屋南北の死」他三篇収録。(山村正夫)

商品情報
書名(カナ) ツルヤナンボクノシ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 1990年11月10日
ISBN 978-4-16-724115-5
Cコード C0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く