作品紹介

年表にはのっていないけれど、たしかにあったこと

自分の目撃したもの、直感しか信じない主義の著者が書きとめる現代史のさまざまな事柄。「週刊文春」連載のクロニクル・エッセイ

担当編集者より
イラク侵攻でおおいに揺れた一年。本来「花」をめでて、こころの向くままに筆をとりたいところ、容赦ない破壊をくりかえすさまを見て、「爆弾」に胸を痛めることになった一年だった。〈自分の目撃したもの〉しか信じない主義の著者が現代史を書きとめて、向かうところ敵なしのクロニクル(年代記)的エッセイ文庫化第6弾! 解説・亀和田武
商品情報
書名(カナ) ハナトバクダン
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2007年05月10日
ISBN 978-4-16-725620-3
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く