文庫
文庫

文春文庫

映画×東京とっておき雑学ノート本音を申せば④

小林信彦

  • 定価:本体581円+税
  • 発売日:2011年07月08日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

植木等、欽ちゃんから伊集院光、堀北真希まで

自分の眼しか信じない〈時代観察者〉の著者が、「映画」と「東京」の現在とうつろいを克明に描き出す、週刊文春連載の第10弾!

担当編集者より
植木等の死に呆然としながら、堀北真希の演技に感心し、欽ちゃんのマラソンにハラハラする。「ドリームガールズ」「ロッキー・ザ・ファイナル」と時の映画をチェックし、ラジオの伊集院光を絶賛する。原発批判もズバリ。〈東京〉を、そして〈映画〉を観察し続けてきた者にしか描くことのできないクロニクル的時評第10弾。解説・永江朗
商品情報
書名(カナ) エイガトウキョウトッテオキザツガクノート ホンネヲモウセバ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2011年07月10日
ISBN 978-4-16-725627-2
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く