文庫
文庫

不安な録音器

阿刀田高

  • 定価:本体457円+税
  • 発売日:2001年06月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

人生のある時、不意に甦る記憶。男の憂愁のうちに現れては消えてゆく執拗な音色。人間の意識の精緻さが仕掛ける過去へ十篇の旅

担当編集者より
人生の斜面を下りはじめた男のとめどない憂愁の中に、ふと立ちあらわれる過去の記憶。遠ざかった場所から響いてくる執拗な音色。「聖夜」「黄色い窓」「ぽっぺんを吹く女」他、日常の喧騒から曖昧に浮かぶ不思議な時を、短篇小説の名手が10篇の連作でつむぐ。耳をすますと聞こえてくる意識の底の静かな声。解説・対談 阿川佐和子
商品情報
書名(カナ) フアンナロクオンキ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2001年06月10日
ISBN 978-4-16-727818-2
Cコード C0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く