文庫
文庫

文春文庫

おのれ筑前、我敗れたり

南條範夫

  • 定価:本体552円+税
  • 発売日:2002年03月08日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

勝者と敗者の数だけ、明暗を分けた一瞬がある

斎藤道三から丹羽長秀、石田三成まで総勢十二将。いずれ乱世に天下を逃した者達の生涯を追い、鮮やかに看破する戦国「誤断の記録」

担当編集者より
戦いの終った後、勝軍側は敗軍の使者に主君の首を返却した。だが、使者は旧主の首に「殿は浅慮で狭量、領民を苦しめた。こんな髑髏は国へ持ち帰れない、それだけ言いに来た」と語り、首を打ち棄てて帰ったという(龍造寺山城守隆信の項に収録)。主と従が必ずしも絶対でない、「武士道」確立以前の時代。本書はそんな戦国の世に生きた武将の生涯を描きます。宇喜多直家、丹羽長秀、島津義弘、斎藤道三等全十二将。忠も義もなく、己の心のままに生きた男達は、敗れ去ってなお「敗者の矜持」を感じさせ、胸すく思い。該博な史料の裏打ちも嬉しい、南條文学の結晶的作品です。(AS)
商品情報
書名(カナ) オノレチクゼンワレヤブレタリ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2002年03月10日
ISBN 978-4-16-728219-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く