文庫
文庫

一十郎とお蘭さま

南條範夫

  • 定価:本体571円+税
  • 発売日:2003年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

一途な男に、女はどこまで残酷になれるのか

藩主の美貌の側室お蘭を女神の如く崇め、仕える剣の達人・一十郎。維新前後を背景に、男の愚かしくも一途な恋情を描いた時代ロマン

担当編集者より
「かくも美しく臈たけた女人が、この世に存在するものなのか」藩主の美貌の側室・お蘭の方を仰ぎ見た一十郎の心は昂ぶった。以来、彼女は一十郎の星となり夢となる。一途に崇め奉仕する男に、女の仕打ちはどこまでも残酷で――明治維新前後・激動の世に展開する酷薄な美神と剣士の奇妙な物語。円熟の筆が冴える時代ロマン長篇
商品情報
書名(カナ) イチジュウロウトオランサマ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年07月10日
ISBN 978-4-16-728220-2
Cコード C0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く