作品紹介

清盛死去、平氏の栄華にかげりが見え始めるが——

福原遷都を強行し、隆盛を極めた平家一門だが、頼朝、義経、木曾義仲ら源氏の軍勢に圧倒され、一門は無残に西国へと落ちていく

担当編集者より
福原遷都を強行した清盛だが、頼朝の伊豆挙兵を機に、各地で源氏が蜂起、また富士川の合戦前夜には平家軍が戦わずして無残に敗走、と憤懣やるかたない日々が続く。わずか5ヵ月で京へ都返り、それから程なく原因不明の熱病により、ついに清盛は力尽きる——栄華を極めていた平家の、没落への序曲を描く著者畢生の大作、第3巻!
商品情報
書名(カナ) ミヤオボンヘイケモノガタリ スザクノマキ
ページ数 576ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年12月10日
ISBN 978-4-16-728711-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く