作品紹介

ドラマ化もされた傑作長篇小説

故郷・土佐に男稼業の看板を掲げた鬼龍院政五郎と、彼をとりまく女たちの愛憎入り乱れた人生模様を独自の艶冶の筆にのせた長篇

担当編集者より
大正4年、鬼龍院政五郎は故郷・土佐高知の町に男稼業の看板を掲げ、相撲や飛行機の興行をうったり労働争議に介入したりの華やかな活躍を見せる。鬼政をとりまく「男」を売る社会のしがらみ、そして娘花子・養女松恵を中心とした女たちの愛憎入り乱れた人生模様を、女流作家独自の艶冶の筆にのせた傑作長篇。解説・青山光二
商品情報
書名(カナ) キリュウインハナコノショウガイ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2011年03月10日
ISBN 978-4-16-728713-9
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く