文庫
文庫

文春文庫

龍陵会戦

古山高麗雄

  • 定価:本体676円+税
  • 発売日:2003年03月07日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

兵士の胸中を真率に語りつくす

古山高麗雄戦争三部作第二作。中国雲南省龍陵地区守備隊の攻防戦を中心に、下級兵士の真実の声を静かに描いた書。菊池寛賞受賞!

担当編集者より
戦争は私から何を奪ったのだろう。軍隊に入り、私は屈辱を受けることに鈍感になり、たちまち誇りを失った。下級兵士は無意味な死を覚悟することに馴れ、それではあまりにみじめだから、お国のためだと自分に言いきかせる。兵士は死シテ神トナルなどと本当に考えていたのか? 戦争を日常として生きた人間の貴重な文章である。
商品情報
書名(カナ) リュウリョウカイセン
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年03月10日
ISBN 978-4-16-729105-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く