文庫
文庫

1900年のハリケーン

エリック・ラーソン 島田三蔵・訳

  • 定価:本体800円+税
  • 発売日:2000年11月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

キューバ沖で発生した熱帯低気圧がよもや史上最悪の嵐に変貌するとは! 自然の猛威にさらされた街とそこに暮らす人々の衝撃の記録

担当編集者より
1900年9月20世紀への幕開けを目前に控えたその日、テキサス州沿岸の都市ガルヴェストンをハリケーンが直撃した。死者数6000人以上といわれるこの未曾有の大災害を防ぐことはできなかったのか? 一人の気象観測官の人生をとおして、自然に翻弄される人間の無力さ、傲慢さ、恐怖を圧倒的迫力で描いた全米ベストセラー!
商品情報
書名(カナ) センキュウヒャクネンノハリケーン
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2000年11月10日
ISBN 978-4-16-730998-5
Cコード C0198

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く