文庫
文庫

翔べ麒麟 上

辻原登

  • 定価:本体638円+税
  • 発売日:2001年10月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

長安には陰謀が渦巻いていた。阿部仲麻呂を助ける日本の青年・真幸は、戦乱と恋と友情に生きる。壮大なスケールの歴史青春冒険小説

担当編集者より
十六歳で唐に渡り、皇帝玄宗の信任を得て、今や大唐帝国の高官となった阿倍仲麻呂。だが楊貴妃との愛欲に溺れる皇帝に昔日の面影なく、遠く北平では稀代の英傑・安禄山が不気味な蠢動(しゅんどう)を見せはじめた。そんなさなか陰謀渦巻く長安で、仲麻呂は一人の日本の青年剣士と出会う。その名は藤原真幸。帝国の命運を握る二人の日本人の出会いを軸に運命の歯車が回りだす。陰謀と友情、恋と剣――現代的な感性と疾走感溢れる展開でグイグイ読ませる新感覚大陸歴史活劇に是非ご期待ください。(IH)
商品情報
書名(カナ) トベキリン
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2001年10月10日
ISBN 978-4-16-731605-1
Cコード C0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く