作品紹介

宝塚の舞台に立つ大浦みずき。大スターとなった娘と客席の父が交す恍惚と含羞の視線。また、数々の名作の紹介、小林一三や越路吹雪の面影など、創立八十年の宝塚への熱い思いを綴る。

商品情報
書名(カナ) オオタカラヅカ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 1994年09月10日
ISBN 978-4-16-732902-0
Cコード C0174

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く