作品紹介

昭和30年代、海辺の町を舞台にした青春小説

海辺の町で、少しずつ青年への道を歩むイサム君と、彼を取り巻く自然や大人たち。椎名誠が贈る、静かで胸に沁みる自伝的青春小説

担当編集者より
昭和30年代。イサムは、埋め立て地のバラックで暮らすツグモ叔父のように生きたいと思っていた。やがて山中の高校の寮に入ったイサムは、栄という少女と出会う。海の家でのアルバイト、台風の後の急激な秋の気配、いつも傍には光る海があった。時には何かを喪いながら真直ぐ生きる姿にいつしか胸が熱くなる。解説・宮田珠己
商品情報
書名(カナ) ナミキリソウ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年04月10日
ISBN 978-4-16-733429-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く