文庫
文庫

二人の武蔵 上

五味康祐

  • 定価:本体590円+税
  • 発売日:2002年11月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

武蔵が二人いた!?

岡本武蔵と平田武蔵。共に剣の道を進み、京で、江戸で複雑に絡み合う。果して巌流島で佐々木小次郎を倒すのはどちらの武蔵なのか

担当編集者より
剣聖としての名を得るまでの宮本武蔵の足跡には、幾多の謎がある。その謎は、実は宮本武蔵が二人存在したために生まれたという大胆な仮説の許に執筆されたのが本書である。播州浪人・岡本武蔵、作州浪人・平田武蔵の二人は、足利将軍家指南・吉岡道場において知り合う。剣のためより一層の修行を共に誓う二人の運命は!?
商品情報
書名(カナ) フタリノムサシ
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2002年11月10日
ISBN 978-4-16-733510-6
Cコード C0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く