文庫
文庫

巨大な落日大蔵官僚、敗走の八百五十日

田原総一朗

  • 定価:本体495円+税
  • 発売日:2001年03月

作品紹介

護送船団方式の主力艦、五五年体制の象徴として君臨した大蔵省が国を沈めかねない金融危機を招来するまでを追った迫真のレポート

担当編集者より
1996年秋、橋本内閣は行革の目玉に大蔵省改革を据えた。日銀法改正がその端緒。海外からはグローバルスタンダードという大波が押し寄せるさ中、行政と大蔵は新金融制度の主導権をめぐって死闘を繰り広げる……。「失われた十年」の最終局面を金融行政の切り口から鋭く踏み込んだ、著者会心の政官ドキュメント。解説・岸井成格
商品情報
書名(カナ) キョダイナラクジツ オオクラカンリョウハイソウノハッピャクゴジュウニチ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2001年03月10日
ISBN 978-4-16-735614-9
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く