文庫
文庫

片意地へんくつ一本気下田うなぎ屋風流噺

高橋治

  • 定価:本体533円+税
  • 発売日:2002年08月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

男はやせ我慢で生きる!

伊豆下田の名物鰻職人。かき入れ時の土用の丑の日に休むぞと啖呵を切るのが何より好きで、涙と女にゃ滅法弱い。男五十の純情物語

担当編集者より
「土用の丑の日には店を閉める!」〈固い強情〉こと川井剛造が吼える。なにがなんでも天然物を、それも客の顔を見てからさばくと決めた一刻者。筋目を通さないと好きな女も口説けない。そのくせひょいと儲け話に乗ったり、選挙に出ると息巻いたり……。名物店主と伊豆・下田の、一癖も二癖もある旦那衆が繰り広げる極上・絶品の人情譚。
商品情報
書名(カナ) カタイジヘンクツイッポンギ シモダウナギヤフウリュウバナシ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2002年08月10日
ISBN 978-4-16-738306-0
Cコード C0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く