文庫
文庫

無憂華夫人

菊池寛

  • 定価:本体419円+税
  • 発売日:2003年03月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「真珠夫人」「貞操問答」に続く、幻の名作!

侯爵の妹で、美貌の絢子と、青年外交官の康貞は愛を誓いあうが、苛酷な運命に翻弄される。九條武子がモデルといわれる、悲恋の物語

担当編集者より
維新の変乱からの因縁で敵(かたき)同士となってしまった侯爵家と伯爵家。侯爵の妹、名花中の名花と謳われる絢子姫と、伯爵の弟、青年外交官の康貞は、ともに惹かれ合うが、旧臣の反対にあい、破談。それでも愛し合う二人は一生結婚をしないと誓うが、運命は皮肉な結末を用意していた……。九條武子がモデルといわれる悲恋小説。解説・猪瀬直樹
商品情報
書名(カナ) ムユウゲフジン
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年03月10日
ISBN 978-4-16-741006-3
Cコード C0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く