作品紹介

昭和天皇には隠された妹君がいた!

衝撃的な三笠宮さま双子説を検証して公表、一躍月刊誌週刊誌で話題になった秘話を、九十人の皇室関係者の証言と資料をもとに詳述

担当編集者より
昭和天皇に隠された妹君がいた! 明治天皇のご落胤と噂される人物がふと漏らした話から、皇室ジャーナリストの河原氏は、この衝撃的な「三笠宮さま双子説」の真相を確かめるべく、皇室関係者に取材を重ね、二十年近く前に月刊誌・週刊誌で公表した。以後も河原氏は調査を続け、「妹君」のおられる奈良円照寺を訪ね、本人にも面会した。その検証の全てをまとめたのがこの書。まるでミステリーの謎解きのようなドキュメントです。(SO)
商品情報
書名(カナ) ナゾニツツマレタヒゲキノコウジョ ショウワテンノウノイモウトギミ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2002年11月10日
ISBN 978-4-16-741604-1
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く