文庫
文庫

象が歩いた’02年版

日本エッセイスト・クラブ・編

  • 定価:本体543円+税
  • 発売日:2005年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

数多のエッセイから選び抜かれた秀逸の53篇

毎年大好評のベスト・エッセイ集も今年で20年目! 阿川佐和子、浅田次郎ほか53人が綴るエッセイは、いずれも個性が光る秀作ぞろい

担当編集者より
渡辺淳一「昨今の老人ホームにおける恋愛事情」、浅田次郎「学生時代、貧しいなか母が買ってくれた3冊の辞書」。「々」という字は何と読むかを突き止めた話や、飛行機が落下、九死に一生を得た恐怖の体験記。エッセイの題材は多岐にわたり、執筆陣も作家、主婦、女優、議員…と豪華な顔ぶれ。厳選された珠玉のベストエッセイ53篇。
商品情報
書名(カナ) ゾウガアルイタ ゼロニネンバン
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年07月10日
ISBN 978-4-16-743420-5
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く