文庫
文庫

文春文庫

もしかして愛だった

阿川佐和子

  • 定価:本体495円+税
  • 発売日:2006年01月11日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

私が一番ほしいもの、それはもしかして……?

高級店買い物ツアーの顛末、料理自慢の腕をふるう相手とは……? モノと食べ物に関する愛と失敗談がたっぷりつまった好評エッセイ

担当編集者より
クリスマスに鶏の丸焼き作りに奮闘し、原稿書きの合間に残り物ビーフンをチャチャッと作る。料理自慢の腕をふるう相手はもっぱら家族と友人なのだけど……。一方、買い物下手を自認し、高級ブランド品にも興味なしのアガワが、大枚をはたいたモノとは!? 食べ物とモノへの愛情がたっぷりつまった好評エッセイ。解説・平野レミ
商品情報
書名(カナ) モシカシテアイダッタ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年01月10日
ISBN 978-4-16-743516-5
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く