文春文庫

「血脈」と私佐藤家の人びと

佐藤愛子

  • 定価:本体533円+税
  • 発売日:2008年05月09日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

『血脈』登場人物たちのセピア色のアルバム

破天荒な佐藤家一族を描く大河小説『血脈』を振り返り、作品世界の紹介と関連エッセイや対談を収録。当時の貴重な写真も多数掲載

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
高い理想を目指しつつ、自らの情熱に翻弄されて生きた父・佐藤紅緑。センチメンタルでエゴイストの詩人の兄・サトウハチロー。世の規範から脱線して波瀾の日々を送りつつも魅力あふれる一族の情熱と葛藤を、資料と共にたどる一冊。小説『血脈』執筆にまつわる講演や対談・エッセイの他、貴重な写真、年表や系図なども満載。
商品情報
書名(カナ) ケツミャクトワタシ サトウケノヒトビト
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年05月10日
ISBN 978-4-16-745014-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く