文春文庫

春香伝物語十津川警部、海峡をわたる

西村京太郎

  • 定価:本体495円+税
  • 発売日:2008年12月04日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

シリアル・キラーは獲物を求めて韓国へ

韓流ブームで日本人が訪れるようになった全羅北道・南原市の春香祭。「蒼き狩人」と名乗る連続殺人犯の予告殺人に十津川警部が挑む

担当編集者より
胸に刺さったサバイバルナイフと死体の顔に描かれた赤い小さな二重丸。「蒼き狩人」と名乗る犯人は、祭を訪れる若い女性に次々と襲いかかる。「ボクもそうでしたから、ハンニンの気持ちはよくわかりますよ」。捜査本部に届いた謎の手紙。差出人の無期懲役囚と対面した十津川警部は、韓国を目指す。「祭り」シリーズ第6弾! 解説・郷原宏
商品情報
書名(カナ) シュンコウデンモノガタリ トツガワケイブカイキョウヲワタル
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年12月10日
ISBN 978-4-16-745434-0
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く