文庫
文庫

文春文庫

十津川警部、沈黙の壁に挑む

西村京太郎

  • 定価:本体590円+税
  • 発売日:2009年07月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

容疑者は60代老女。黙秘は何を意味するのか

資産家夫妻殺しで容疑者となった老女は、息子が雇った弁護士にも心を開こうとしなかった。そして第2、第3の殺人事件が発生する

担当編集者より
殺人事件の容疑者は、ろうあ者の老婆。警察の取り調べに立ち会った女性手話通訳士にも、ろうあ者の弁護士の面会にも一切答えようとしないのは何故なのか——。十津川警部シリーズの中でも異色作といえるこの作品は、1990年から「季刊みみ」(財団法人全日本ろうあ連盟発行)に『海の沈黙』と題され、連載されたものです(単行本刊行時に改題)。実は西村氏には『四つの終止符』(1964年発表)というろうあ青年を主人公とした小説があり、その続篇を、と編集部に依頼された作品なのだそうです。ろうあ者と健聴者の深い溝を描く感動の長篇ミステリー。西村ファン以外の方も必読の1冊です。(KO)
商品情報
書名(カナ) トツガワケイブチンモクノカベニイドム
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年07月10日
ISBN 978-4-16-745435-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く