作品紹介

松井須磨子・島村抱月の醜聞と死、小山内薫らによる築地小劇場の設立、さらには関東大震災下の役者や落語家たちの生態から花魁講習会の表彰式まで、百のエピソードで綴る大正藝能史。

商品情報
書名(カナ) タイショウヒャクワ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 1998年03月10日
ISBN 978-4-16-746006-8
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く